ボディスメジャー

トップページ

過去の原型リスト

ハイネックベスト型紙

ワンピース型紙

ウイングカラー型紙

カフス付ブラウス型紙

襟無しブラウス型紙

セミラグラン型紙

白のブラウス型紙

キュロット型紙

ズボン・パンツ型紙

ワンピース型紙

ワンピース(ラグラン)型紙

ボディスメジャー使い方

ボディスメジャーの採寸

原型作製(1/6)

原型作製(2/6)

原型作製(3/6)

原型作製(4/6)

原型作製(5/6)

原型作製(6/6)

猫背・鳩胸の原型

原型の作り方の動画

原型から製図

前・後・身頃の製図

袖山の作り方

ラグランスリーブの作り方

ドルマンスリーズ

ズボンの製図

洋裁教室

洋服作り(動画)

ラグランスリーブのコート作り

猫背のTシャツ作り

鳩胸のTシャツ作り

標準体型ワンピース作り

標準体型ズボン作り

服作りに半世紀過ぎて…

取扱い商品

お問い合わせ

ガイドブックダウンロード

ドルマンスリーブの作り方

ドルマンスリーブの作り方

◎、後身頃(襟無し)

  1. 原型を紙の上に置き、端に後中心を揃えて外回りの角をキッチリ移して原型を外します。後中心から原型のネックポイントに直角線を少し長めに引きます。好みの襟明き寸法に印して、その4分の一を繰り下げて作ります、広くしたネックポイントと原型の差を確認しておいて、肩先で1.5~2.0センチ程上げて、袖山の製図が出来る範囲迄線を引きます。
  2. ここでもラグランと同じ1枚袖の製図をします。肩先(骨の近辺)、丁度、又は、何センチドロップした点に袖山を決めます。作りたい袖ぐりの厚物の製図をします。袖幅が決まりますので、分かりやすく袖幅線を、少し引いておく。
  3. 肩先から、後身幅の脇線上に、作りたい袖ぐり寸法の2分の一に、プラス1センチの、袖ぐりを描いて脇下ポイントを決めます。
  4. 脇下のポイントと肩先のポイントに、線を引きます。袖幅を決めた、袖下ポイントからも肩先に線を引きますが、脇下線と同じ長さに肩先から印し、その間の2分の一から肩先に線を引きます。その線に肩先迄ハサミを入れて、ドルマンの袖下を描ける様に切り開きますが、ラグランスリーブの交差した分を広げます。脇下と袖下を、雲ガタ、定規等を使いドルマンスリーブを描きます。肩線は凹んだ線に変わりますので、襟明きから袖山迄、直線に引き直します。袖丈は、好みに作ります。 

  

◎、前身頃(襟無し)

  1. 紙の右端から持ち出し幅の線を着丈の長さに引きます。並行間のある場合その幅の1つを入れた線を引き、前原型の中心を付けて、外回りの角をキッチリ移します。好みの襟明きは、後襟明きを広くした時の差と同じにして、肩先で1.5~2.0センチ程上げて、袖山の製図が、出来る範囲迄線を引きます。
  2. 後と同じ肩先のポイントで、作りたい袖ぐり寸法の、一枚袖の厚物の製図をします。袖幅が決まりますので、分かりやすく袖幅線を少し引いておく。
  3. 肩先から前身幅の脇線上に、後より1.0センチ少ない二分の袖ぐりを  描いて脇下ポイントを決めます。
  4. 脇下のポイントと肩先のポイントに線を引きます。袖幅を決めた袖下ポイントからも肩先に線を引きますが、脇下線と同じ長さに肩先から印し、その間の2分の一から肩先に線を引きます。その線に肩先迄、ハサミを入れて、ドルマンの袖下を描ける様に切り開きますが、ラグランスリーブの交差した分を広げます。脇下と袖下を雲ガタ定規等を使いドルマンスリーブを描きます。肩線は凹んだ線になりますので、襟明きから袖山迄、直線に引き直します。袖丈は好みに作ります。
  5. 見直しをします。左右の袖下を比較して、肘より長くて細い袖丈は、後袖下を前袖下より長くして、肘癖を作ります。裾線の脇丈を比較して、後より長い前丈の分は乳癖のダーツになります。後身頃と前身頃の脇下をかさねて、ドルマンスリーブのカーブを確認します。

Copyright (C) ボディスメジャー. All Rights Reserved.