ボディスメジャー

トップページ

過去の原型リスト

ハイネックベスト型紙

ワンピース型紙

ウイングカラー型紙

カフス付ブラウス型紙

襟無しブラウス型紙

セミラグラン型紙

白のブラウス型紙

キュロット型紙

ズボン・パンツ型紙

ワンピース型紙

ワンピース(ラグラン)型紙

ボディスメジャー使い方

ボディスメジャーの採寸

原型作製(1/6)

原型作製(2/6)

原型作製(3/6)

原型作製(4/6)

原型作製(5/6)

原型作製(6/6)

猫背・鳩胸の原型

原型の作り方の動画

原型から製図

前・後・身頃の製図

袖山の作り方

ラグランスリーブの作り方

ドルマンスリーズ

ズボンの製図

洋裁教室

洋服作り(動画)

ラグランスリーブのコート作り

猫背のTシャツ作り

鳩胸のTシャツ作り

標準体型ワンピース作り

標準体型ズボン作り

服作りに半世紀過ぎて…

取扱い商品

お問い合わせ

ガイドブックダウンロード

袖山の作り方

◎袖山の作り方(厚物)

この袖山の付く条件はウールの厚物で肩先丁度に付ける袖山です

  1. 袖山は、作る服に合わせて、腕の付け根にメジャーを回して好みの長さに作ります。袖ぐりの長さは偶数にします。

    46÷4=11.5+3=14.5+二割(2.9)=17.4基本の山
    48÷4=12.0+3=15.0+二割(3.0)=18.0基本の山
    50÷4=12.5+3=15.5+二割(3.1)=18.6基本の山
    52÷4=13.0+3=16.0+二割(3.2)=19.2基本の山
  2. 基本の山に十字線を適当に引き、山の頂点から十字線の左右に、割り出しの数字を取り、袖幅に決まります。上から見て右は前袖、左は後袖、袖ぐり÷2+1.4=前の斜線   袖ぐり÷2+2.8=後の斜線

    46÷2+1.4=24.4      46÷2+2.8=25.8
    48÷2+1.4=25.4      48÷2+2.8=26.8 
    50÷2+1.4=26.4      50÷2+2.8=27.8
    52÷2+1.4=27.4      52÷2+2.8=28.8
  3. 前後の斜線を四等分します。先ず前の袖、右頂点から一番目は斜線より2センチ高く印す、2番目は斜線上で1センチずらして印す、3番目は斜線より1.3深く印します。後の袖山の一番目は斜線より高く1.7を印す、2番目は、前と同じく斜線上で1センチずらして印す、3番目は斜線より1.0センチ深く印し、全ての点を流線形に、山の線を描きます。

◎袖山の作り方(薄物)

厚物の袖山を基本にして作ります。
身頃の袖ぐり(アームホール)寸法に丁度良く付けられる袖の製図です。
身頃に好みのアームホールを決めます。アームホールにつく基本の袖山を作り訂正する方法です。
 
基本の袖幅線に薄物の素材として山を低くする意味で、1センチの並行線を引きます。

前後の袖幅から山の中心に斜線の引き直しをして、袖山の描き直しをします。
此の袖山の長さは肩先丁度に付ける製図で、肩先からドロップする袖山の長さは更に短くします、ドロップする分だけ1センチ2センチ・・・と袖山を下げて、斜線の引き直しをして袖山を低く描き直します。
身頃の袖ぐりアームホールは変わらず、袖山の長さが変わる製図方です。

袖山の作り方

Copyright (C) ボディスメジャー. All Rights Reserved.