ボディスメジャー

トップページ

過去の原型リスト

ハイネックベスト型紙

ワンピース型紙

ウイングカラー型紙

カフス付ブラウス型紙

襟無しブラウス型紙

セミラグラン型紙

白のブラウス型紙

キュロット型紙

ズボン・パンツ型紙

ワンピース型紙

ワンピース(ラグラン)型紙

ボディスメジャー使い方

ボディスメジャーの採寸

原型作製(1/6)

原型作製(2/6)

原型作製(3/6)

原型作製(4/6)

原型作製(5/6)

原型作製(6/6)

猫背・鳩胸の原型

原型の作り方の動画

原型から製図

前・後・身頃の製図

袖山の作り方

ラグランスリーブの作り方

ドルマンスリーズ

ズボンの製図

洋裁教室

洋服作り(動画)

ラグランスリーブのコート作り

猫背のTシャツ作り

鳩胸のTシャツ作り

標準体型ワンピース作り

標準体型ズボン作り

服作りに半世紀過ぎて…

取扱い商品

お問い合わせ

ガイドブックダウンロード

前・後・身頃の製図(基本)

作る服の下に着ている上からの寸法を計ります

  (胸回り)(腹回り)(腰回り)

◎後身頃の作り方

  1. 紙の上の左端に後中心の原型を重ねて置き、外回りの角をキッチリ移して、原型を外します。中心から原型のネックポイントに、直角線を少し長めに引きます。直角線上に、作る服の襟明き寸法を取り、その明きの四分の一を繰り下げて襟ぐりを作ります。
  2. 直角線状に決めた襟明きの印と原型の肩せんを並行に見て肩先で5~6ミリ上げて線を引きます、その線上に二分の背肩幅を背中心から記します。
    背丈は原型道理で、お腹のウエストラインです。そこから腰のヒップ丈まで20センチ、水平に身幅を決めますが、胸回りに、その二割を足して、四分の一を、中心から水平に採り、直上して脇丈にします(袖ぐりを描く手前まで)
  3. 前後の袖ぐりとして、メジャーで、腕の付け根に回して長さを決めます。(作る服により好みにする)その長さの1センチ取った残りを二等分します。
    1センチ多い方を後袖ぐりとして、肩先から脇丈に描きます。
  4. 腹回りの割り出しも、身幅と同じです。二割を足して、その四文の一を、ウエストラインに示します。身幅の脇丈線より手前になりますので、その残り分がダーツに使えます。
  5. ウエストから20センチ長くしたヒップラインの割り出しは、ワンピースの場合は、身幅、ウエストと同じ割り出しですが、上着の裾はタイト風にします。腰回りの(お尻の出っ張りから下腹部垂直に見て計ります)寸法に一割と6分プラスして、その四分の一をヒップライン線上に印しますが、脇線に届かない、脇線と同じ、脇線より、はみ出る寸法になったり、しますので、ダーツを工夫します。脇線が斜線になれば、その斜線に中心線を重ねて折り紙式に裾線を決めます。

◎前身頃の作り方

  1. 紙の右端から2センチの線を丈の長さに引きます。後ろ身頃の中心に並行間隔のある人は、その幅の線も並行に引き、前身頃の中心を付けて原型の外回りの角をキッチリ移して原型を外します。中心から襟明きのポイントに、直角線を少し長めに引くのは後ろと同じです。
  2. 後身頃の襟明きを決めた時、原型の襟明きより広くなっています。原型との差が出来ています、それと同じ差を、前のネックポイントから直角線上に印します。その印と原型の肩線を並行に見て肩先で5~6ミリ上げて、線を引くのは、後と同じです。長さも同じにして印をしておきます。
  3. 前の襟ぐりは、後ろ襟あきにプラス1センチ位で描きますが好みです。
  4. 原型の裾はウエストラインです。それから20センチ長くして、腰のヒップラインに後と同じです。身幅を採りますが、後身幅より一割程、狭くした寸法にして、並行間隔のある人は、それを入れて前中心からヒップラインの線上に取り、直上して脇線にします。(袖ぐりが描ける手前まで)
  5. 前身の肩先から身幅の脇丈に、二分の袖ぐりを描きます。
  6. 前身頃のダーツも、脇線の形も後身頃と同じにします。全体の緩み分は、採り寸の1.8位の上がりです。
  7. 脇線が斜線になれば、中心を斜線に重ねて、折り紙式に裾線を決めます。
  8. 前後の脇を裾から合わせて、余った方の前身が胸のダーツになります。

Copyright (C) ボディスメジャー. All Rights Reserved.