ボディスメジャー

トップページ

過去の原型リスト

ハイネックベスト型紙

ワンピース型紙

ウイングカラー型紙

カフス付ブラウス型紙

襟無しブラウス型紙

セミラグラン型紙

白のブラウス型紙

キュロット型紙

ズボン・パンツ型紙

ワンピース型紙

ワンピース(ラグラン)型紙

ボディスメジャー使い方

ボディスメジャーの採寸

原型作製(1/6)

原型作製(2/6)

原型作製(3/6)

原型作製(4/6)

原型作製(5/6)

原型作製(6/6)

猫背・鳩胸の原型

原型の作り方の動画

原型から製図

前・後・身頃の製図

袖山の作り方

ラグランスリーブの作り方

ドルマンスリーズ

ズボンの製図

洋裁教室

洋服作り(動画)

ラグランスリーブのコート作り

猫背のTシャツ作り

鳩胸のTシャツ作り

標準体型ワンピース作り

標準体型ズボン作り

服作りに半世紀過ぎて…

取扱い商品

お問い合わせ

ガイドブックダウンロード

原型作成(5/6)

書き直した襟幅に、切り離していた前見頃の襟幅を付けます。前後の肩を突き合わせにした状態に、セロテープで止めます。 ●前後の裏側を見て、セロテープで整理して先に、四つ折りにした時と同じ様に、前後の裾線を重ねて、後身頃に前見頃を、フンワリ被せます。二回目に出来る並行間隔は目打ちで区別します。この繰り返しが大変重要です(二回目で前身頃の各人の襟幅と、肩下がりが決まります)三度めの後中心に襟ぐりを作り直します。並行間隔も少し狭くなります。

襟ぐりから背丈を採ります、(この際、先に付けた床上がりの記しとの差を確認しておきます)。背丈から直角に身幅線を引きますが、地肌のバスト廻りに8~10センチの、ゆるみを入れて四分の一を採り、そこから直上線に背丈の半分ほど引き、脇丈にします。身幅の裾線を襟ぐりに付けて、出来た折り線を胸囲線にしておきます。

背中心から肩線に、二分の背肩幅を記して、胸囲線と脇丈の交点に向けて、後袖ぐりを描きます。(ノースリーブの後袖ぐりに使えます)寸法を計って記しておきます。脇丈寸法も書いておきます。これで後ろ身頃の原型は完成です。

Copyright (C) ボディスメジャー. All Rights Reserved.